地域ごと名山一覧


ジャンル別の山探し


登山ガイドメニュー


カテゴリ別登山用品


四国地方の山一覧

山名(標高)所在地特徴難易度景観度人気度施設便利度危険度ジャンル名山

石鎚山
(1982)
愛媛県西条市・周桑郡小松町・上浮穴郡面河村との境石鎚山は西日本で最も標高の高い山で、荒々しく険しい道中で、奇岩や岩窟、天柱石などが連なり、頂上にたどり着くまでに3箇所の鎖場が存在する。山頂からは瀬戸内海や四国の山々、中国・九州の山並みまで見渡せる抜群の展望を堪能できる。

伊予富士
(1756)
愛媛県西条市と高知県土佐郡本川村との境各地には○○富士という呼び名の山は多々あるが、伊予富士も山容が富士山に似ている為、つけられた。山頂まで登ると360度のパノラマ展望が得られ、石鎚連山、寒風山、笹ヶ峰、冠山、瀬戸内海や土佐湾を見渡すことができる。

瓶ケ森
(1896)
高知県土佐郡本川村と愛媛県西条市との境四国で石鎚山に次ぐ標高を誇る。山頂はなだらかな平原が広がる。四季を通じて多種多様な花が咲き乱れる。幾島新道を通るコースは景観が素晴らしく秋には絶景の紅葉景色を見ることが出来る。

笹ヶ峰
(1859)
愛媛県西条市・新居浜市と高知県土佐郡本川村との境笹ヶ峰は美しい山容を持ち、山頂からの眺望も良く、四季を通じて植物が色彩を放ち、冬はスキー場として賑わうなど石鎚連峰の中でも名峰として名高い。

篠山
(1065)
高知県宿毛市と愛媛県北宇和郡津島町・南宇和郡一本松町との境篠山スカイラインを利用し、8合目まで車で入れば、山頂までは1キロ半。山頂からは宇和海を眼下に、遠く九州の山々を眺望する事が出来る。

三本杭
(1226)
愛媛県宇和島市野川滑床国有林三本杭の南へ400メートルの横ノ森山頂に三本の杭が立てられた事が名の由来だという。ツツジやシャクナゲをはじめとする植物が咲き誇り、眺望の良さにも定評があって、石鎚連峰、太平洋、西土佐の山並み、九州の山々などをパノラマ展望で楽しむことが出来る。

剣山
(1955)
徳島県三好郡東祖谷山村・美馬郡木屋平村・那賀郡木沢村との境昔から山岳信仰の山として知られ徳島県のほぼ中央に位置し、四国で2番目の標高を誇る。山頂からは三嶺の山並み、丸石、白髪山、高峰二郎笈らを見渡すことが出来る。

東赤石山
(1707)
愛媛県宇摩郡土居町と別子山村との境東赤石山はその名の通り、鉄分の酸化によって赤く変色した岩肌を持ち、この山に生息する動物や高山植物はこの特殊で厳しい環境に耐えうる固有の種が多く、鉱物とともに学術的にとても貴重である。山麓に流れる銅山川は吉野川水系で、抜群の透明度を保ち、アユやアマゴやマスなどを釣りに多くの釣り人が集まる。

三嶺
(1893)
高知県香美郡物部村と徳島県三好郡東祖谷山村との境剣山地の名峰として、景観の美しさには定評がある。奥祖谷かずら橋という渓谷にかけられた二重の吊橋があり、ここからの景観は圧巻。秘境の趣があり、静かな登山を楽しみたい方にとってうってつけである。

アウトドア・登山用品