地域ごと名山一覧


ジャンル別の山探し


登山ガイドメニュー


カテゴリ別登山用品

東北地方の山一覧

山名(標高)所在地特徴難易度景観度人気度施設便利度危険度ジャンル名山

岩木山
(1625)
青森県中津軽郡岩木町と西津軽郡鯵ケ沢町との境山容は優雅で裾野がなだらかに広がる様子は富士山に例えられる。山頂には岩木山神社の奥宮がおかれている。近隣には温泉が多数存在する。

白神岳
(1235)
青森県西津軽郡岩崎村と深浦町との境海岸から直立している為に海抜0メートルから登る山と呼ばれ親しまれている。世界遺産にも指定されたぶなの原生林をはじめ、白神山地でしか見られない植物も多い。山頂からは、世界遺産に登録されている核心部分の森林を見ることはできないが、360度の大パノラマで広大にひろがるブナ原始林が雄大なパワーを感じさせてくれる。

八甲田山
(1584)
青森県青森市・黒石市・上北郡十和田湖町・南津軽郡平賀町にまたがる火山郡の総称川が多く渓谷や滝も多く見られる。なかでも城ヶ倉渓流は、断崖に囲まれた渓流で、深く激しい流れと無数の滝が荘厳な景観を作り出している。

岩手山
(2038)
岩手県岩手郡松尾村・西根町・滝沢村と雫石町との境岩手県県内最高の山。形態の美しい山だが、麓から眺める景観は見る角度によって大きく異なる。西岩手山火口の東壁部分を新しい東岩手山が覆う形になっている。

栗駒山
(1627)
岩手県一関市と宮城県栗原郡花山村・栗駒町、秋田県雄勝郡皆瀬村との境おおらかな山容で際立って高い山ではないが、長く裾野を引き懐が深く、山頂部まで自然が保たれている。登山口・下山口全てに温泉が沸いている。

五葉山
(1351)
岩手県釜石市・大船渡市と気仙沼郡住田町との境なだらかな低山ではあるが近くに大きな山が無い為、南は金華山から山田湾までを一望できる。山頂からは三陸特有のリアス式海岸を間近に見下ろせ、晴天の日には遥か早池峰山まで見渡せる。

八幡平
(1613)
岩手県八幡平市と秋田県鹿角市・仙北市にまたがる山域一帯の総称秋田と岩手にまたがる大火山高原。八幡沼は日本唯一のアスピーテ火山の火口湖として有名。火山観察の場所がいくつも設けられており、白い湯煙を立ちのぼらせている。湯地場としても有名。

早池峰山
(1917)
岩手県稗貫郡大迫町と下閉伊郡川井村との境高山植物が多く登山者も多い。山頂からの眺望は絶景で、西側には岩手山や奥羽山脈の山並みを、東側には五葉山が望め、よく晴れた日には太平洋が輝いて見える。

姫神山
(1124)
岩手県岩手郡玉山村姫神山は花崗岩からなり、頂上部分にはその露岩が多い。高山植物と山菜の宝庫。岩手山、早池峰山とともに「北奥羽三鎮」と呼ばれ古くから霊山として信仰を集めた。

焼石岳
(1548)
岩手県和賀郡湯田町と胆沢郡胆沢町との境焼石岳は偏円頂丘状の頂上部と南に続く山々からなる溶岩台地である。大雪渓、雪食地形、峡谷美などの地形・地質的景観の面白さが特徴である。

泉ケ岳
(1175)
宮城県仙台市頂上からは仙台平野が一望でき、各種施設が完備されておりハイキング・キャンプ・スキーなどで親しまれている。

秋田駒ケ岳
(1637)
秋田県仙北郡田沢湖町と岩手県岩手郡雫石町との境秋田駒ケ岳は二つの火山によって形成され、蹄の様な外輪が中央のカルデラを囲む。展望は素晴らしく、天然記念物に指定される高山植物の豊富さで全国的に有名である。山開きは毎年6月1日で登山は、登山基地「八合目」を利用するのが一般的。八合目は日窒の硫黄鉱山跡に建設されている。そこから新道コース約50分で阿弥陀池(あみだいけ)という沼に到着する。新道コースは展望も優れ、急登がなく手軽。麓の乳頭温泉郷は、秘湯として全国的に有名。

烏帽子岳
(1478)
秋田県仙北郡田沢湖町と岩手県岩手郡雫石町との境烏帽子岳は単独で登るより、秋田駒ケ岳とセットでの縦走が登山者からは好まれる。頂上の巨石は火口壁の一部で絶壁となっており、ロッククライミングに最適な練習場ともなっている。

神室山
(1365)
秋田県雄勝郡雄勝町と山形県最上郡金山町・最上町・新庄市との境秋田県と山形県の県境に位置するため両県から縦走コースが整備されている。大滝があり沢登りも楽しめる。

太平山
(1170)
秋田県秋田市と北秋田郡上小阿仁村・河辺郡河辺町・南秋田郡五城目町との境標高はあまり高くないが、深い渓谷と多くの滝を見ることが出来る。山頂からの展望は見事で日本海や男鹿半島、雄物川をはじめ、遠く鳥海山や栗駒山まで望める。

鳥海山
(2236)
山形県飽海郡遊佐町と秋田県由利郡鳥海町との境「出羽富士」「秋田富士」とも呼ばれ、美しい稜線を持つ。東北第二位の高さを誇る。多量の降雪地帯で雪渓でのサマースキーは有名。

森吉山
(1454)
秋田県北秋田郡森吉町と阿仁町との境自然が豊富で県立自然公園に指定されている。山頂からは大パノラマが広がり、鳥海山、秋田駒ケ岳、乳頭山、岩手山などを望め、よく晴れた日には日本海まで見渡す事ができる。

和賀岳
(1440)
岩手県和賀郡沢内村と秋田県仙北郡角館町との境南北に連なる真昼山地の最高峰。年間降雨量・降雪量が多く侵食が激しい。山頂からの展望は見事で両県の山々や日本海を見渡すことができる。

吾妻山
(2035)
福島県福島市・耶麻郡猪苗代町・北塩原村と山形県米沢市との境にある火山群の総称吾妻連峰は福島・山形の県境に広がる火山群の総称で、一般に吾妻山といえば、その最高峰西吾妻山を指す。天元台スキー場をはじめ、五つのスキー場が点在する。温泉も豊富で山麓周辺に10箇所程度の温泉が点在する。

飯豊山
(2105)
山形県西置賜郡小国町と新潟県東蒲原郡鹿瀬町との境雄大な山容が特徴で、飯豊連峰のほぼ真ん中にそびえている。各方面から登山道が伸びているが飯豊山へのアプローチはいずれも遠く、秘境の趣を感じさせる。

以東岳
(1771)
山形県東田川郡朝日村と新潟県岩船郡朝日村との境幻の魚「タキタロウ」の棲む山として有名。夏でも多くの残雪を残す厳しい環境。山頂は平坦で花崗岩が顔をのぞかせている。眺望は抜群で大朝日岳、飯豊山、月山、鳥海山まで一望できる。

祝瓶山
(1417)
山形県長井市と西置賜群小国町との境交通の便が悪く、登山客はまばら。尖ってそびえ立つその山容は東北のマッターホルンと称されるほど。

大朝日岳
(1870)
山形県西村山郡朝日町・西川町と西置賜郡小国町との境日本有数の豪雪地帯にある為、真夏でも多くの残雪が存在する。起伏が多く多種多様な高山植物に恵まれる味わい深い山である。

月山
(1984)
山形県鶴岡市・庄内町と西村川郡西川町との境羽黒山、湯殿山とともに出羽三山に数えられる。東側の緩斜面には夏でも多量の残雪があり、大雪渓は夏山スキー場としても名高い。山頂の北の斜面は湿原や小池沼点在する。

蔵王山
(1841)
山形県山形市・上山市と宮城県柴田郡・刈田郡にまたがり、広範囲を占める火山郡の総称蔵王山は単独峰の名前で無く、熊野岳、地蔵山、不忘山などの火山群の総称。国立公園でロープウェーなど整備も充実している。スキー場としても人気があり特に蔵王スキー場は全国的にも有名。

船形山
(1500)
宮城県加美郡加美町・色麻町・宮城郡宮城町と山形県尾花沢市との境船形連峰はそのほとんどが自然公園に含まれる。山頂からの眼下に多くの支山を望むことが出来る。高山植物も多くヤマネやテツギョなどの天然記念物が生息している。

摩耶山
(1020)
山形県西田川郡温海町と東田川郡朝日村との境山容は標高以上の重厚感と迫力を持つ。山頂からの展望は抜群で、東に荒沢ダム、大鳥川渓谷をへだてて朝日連峰から月山を望み、晴天の日は遥か奥羽山系まで見渡せる。

会津朝日岳
(1624)
福島県南会津郡只見町山頂を含む東西2キロの稜線は、南北両側が断崖絶壁と鋭角な急斜面となっている。沢からのルートは熟練者向きで人を寄せ付けない難所が多い。ブナの原生林が残り、野生の動物相も豊かで、林野庁の「奥会津森林生態系保護地域」の保存地区に設定されている。

会津駒ケ岳
(2133)
福島県南会津郡檜枝岐村南会津の名峰として知られ、尾根沿いに広がる湿原は絶景の一言。尾瀬沼は群馬・福島・新潟の3県にまたがる日本最大の高層湿原地帯で動植物の宝庫。シーズンには多くの登山客で賑わう。稜線には池塘が多い。

安達太良山
(1700)
福島県二本松市・安達郡大玉村・郡山市と耶麻郡猪苗代町との境安達太良山を主峰として連なる火山群を含めて安達太良山と呼称する。登山コースは多数あり、薬師岳山頂まではゴンドラを利用でき、気軽に登る事ができる。全体として緩やかな山体で、夏期でも奥岳から薬師岳に、スキー場のゴンドラリフトが運行されており、標高1,300m付近まで上がれるため、初心者でも比較的登りやすい。稜線付近は森林限界を超えているために樹木がほとんど無く、雷雲がやってきた際は危険で注意が必要。

一切経山
(1949)
福島県福島市と耶麻郡猪苗代町との境山容は牛の背のように緩やかで山頂も平坦。最近までわずかだが噴煙を上げており、活火山として知られる。山頂からは家形山、東吾妻山、安達太良連峰が一望できる。

大滝根山
(1192)
福島県双葉郡川内村と田村郡常葉町・滝根町・大越町との境山頂付近は平坦でかつては牧場として使われていたが、現在は航空自衛隊のレーダー基地に使用されている。山頂からの展望はいまいち。

帝釈山
(2060)
福島県南会津郡館岩村・檜枝岐村と栃木県塩谷郡栗山村との境帝釈山脈は関東の秘境と呼ばれ訪れる登山客は少ないが、山頂からの景観は見事で吾妻山・安達太良連峰や燧ケ岳、会津駒ケ岳といった名峰を望むことができる。

七ケ岳
(1636)
福島県南会津郡田島町名前の通り七つの峰が連なる山。山頂は広く展望に恵まれ荒海山、那須や男鹿山、日光連山などを眺望する事ができる。

磐梯山
(1819)
福島県耶麻郡猪苗代町・磐梯町・北塩原村にまたがる明治21年の大噴火で今の姿に形成された。磐梯山周辺はキャンプや釣りなどアウトドアの一大リゾート地となっている。その他、5色沼を始めとする神秘的な沼がいくつも点在する。

燧ケ岳
(2356)
福島県南会津郡檜枝岐村東北地方の最高峰。尾瀬沼の北側にそびえ、標高は2356メートル。尾瀬沼と尾瀬ヶ原はこの山の吹き出した溶岩によって生み出された。冬はバックカントリースキーなどを楽しむ事ができる。

二岐山
(1544)
福島県南会津郡下郷町と岩瀬郡天栄村との境山々に囲まれた隠れた名山。その名のとおり雄岳、雌岳と二つのピークに分かれている。山深い場所にあるため、日帰りは難しいが山麓には二つの温泉があり、二岐山登山のベースとなっている。

八溝山
(1022)
福島県東白川郡棚倉町・茨城県久慈郡大子町と栃木県那須郡黒羽町との境山頂付近に八溝神社と山小屋がある。城をかたどった展望台からの展望は見事で、奥久慈の山々や那須連峰、阿武隈山脈を一望できる。

荒海山
(1581)
福島県南会津郡田島町・館岩村と栃木県塩谷郡藤原町との境山頂は東西二つのピークに分かれている。険しい山壁を持ち積雪期には雪庇が張り出し、ブロック雪崩が起きやすい。入山は雪が消えてからがおススメ。一般登山道は福島県側からつけられており、福島県側から登られることが多い。山頂からは磐梯山、吾妻山、日光火山群、七ヶ岳、男鹿山塊が広がる。

男鹿岳
(1777)
福島県南会津郡田島町と栃木県黒磯市・塩谷郡藤原町との境男鹿岳には手つかずの自然が残っている。登山道は整備されておらず、猿、カモシカ、熊などの野生動物も豊富。

那須岳
(1915)
福島県西白河郡西郷村・南会津郡下郷町と栃木県黒磯市・那須郡那須町にまたがる那須岳は活火山であり、いまでも盛んに噴煙を上げている。山麓には那須ヶ原が雄大に広がり、那須高原には歴史を持つ多くの温泉が沸きだしている。

景鶴山
(2004)
新潟県魚沼市と群馬県利根郡片品村との境景鶴山は湿原や池塘が点在し、貴重な植物や手付かずの自然を残す数少ない山で自然保護のため現在、登山道は廃止され入山は積雪期に限られて許可されている。まさに秘境と呼ぶに相応しい。

白砂山
(2140)
長野県下水内郡栄村と群馬県吾妻郡六合村、新潟県南魚沼郡湯沢町との境登山者はさほど多くはなく静かな山歩きを満喫できる。山頂からは苗場、佐武流、鳥甲、白根、浅間、榛名、赤城といった名峰を一望できる。

仙ノ倉山
(2026)
新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡新治村との境季節によって様々な高山植物が咲き乱れ非常に鮮やかな景観を持つ。山頂からは富士山をはじめ秩父連峰、南アルプス、八ケ岳、浅間山、北アルプス、会津駒ケ岳、日光白根山、越後三山などの名峰を360度の大パノラマで見渡す事ができる。

谷川岳
(1978)
新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡水上町との境多雨多雪地帯の為、侵食が激しく、岩石が露出し山容は複雑で厳しく険しい。高山植物も豊富な為人気のある山であるが、すでに700名以上が犠牲になっているリスキーな山でもある。現在は、天神平までロープウェーで簡単に到達できる。

白馬岳
(2932)
長野県北安曇郡白馬村と新潟県糸魚川市と富山県下新川郡朝日町・宇奈月町との境白馬岳の東側には1年中雪が残る大雪渓がある。全長3.5キロ、標高差600メートルという日本一の規模を誇る。冬はスキー場が賑わい、夏はキャンプやパラグライダー、オートキャンプなどで賑わっている。

浅草岳
(1585)
新潟県北魚沼郡入広瀬村と福島県南会津郡只見町との境新潟と福島の県境にそびえる。高山植物の宝庫で、水芭蕉、シロシャクナゲ、ニッコウキスゲ、コバイケイソウなどが咲き、登山客を楽しませる。日本有数の豪雪地帯で、多くの雪にまつわるイベントが開かれている。

雨飾山
(1963)
新潟県糸魚川市と長野県北安曇郡小谷村との境新潟と長野の県境に位置している。山頂は360度の展望があり、二等三角点が設置されている。雨飾山と言えば、温泉である。糸魚川市側には雨飾温泉、長野県側には小谷温泉がある。どちらも秘湯として知られる。

荒沢岳
(1969)
新潟県魚沼市荒沢岳のある湯之谷村の銀山平に7月始めから10月末の間はキャンプ場がオープンし、奥只見湖の自然を堪能したり、荒沢岳登山の基地として利用される。荒沢岳から灰ノ又山、兎岳を経由して越後三山の中ノ岳まで縦走するコースが人気がある。鎖場、梯子場があり、注意が必要な箇所もある。

粟ケ岳
(1293)
新潟県加茂市と南蒲原郡下田村との境粟ヶ岳には県民休養地がある。県民休養地には登山道、ハイキングコース、キャンプ場、炭焼き体験場、ハーブ園などが備わっている。山頂からの見晴らしも素晴らしく360度の展望が楽しめる。

越後駒ケ岳
(2003)
新潟県南魚沼郡大和町と北魚沼郡湯之谷村との境八海山、中ノ岳とともに越後三山の1つとして知られ、山容の美しさには定評がある。山頂からは八海山、荒沢岳、奥只見湖などが見渡せる。中ノ岳への縦走コースが人気がある。

えぶり差岳
(1636)
新潟県岩船郡関川村残雪が「えぶり」という鍬のような農業器具の形に見える事から名前がつけられたという。飯豊連峰の北端に位置し、山頂には池塘がいくつも点在する大草原となっている。縦走コースの起点もしくは終点となる。

青海黒姫山
(1222)
新潟県糸魚川市青海黒姫山はセメントの原材料となる石灰石の産地になっており、登山ルートも電気化学工業株式会社の鉱山道路を通る。そのため登山する際は、同社の原石事務所に連絡してから登る。山頂からは北アルプスの白馬連峰、長栂山、犬ヶ岳、頸城連山などの山々、そして日本海などを見渡せる。

金北山
(1172)
新潟県佐渡郡金井町・相川町との境。頂上の一部は佐和田町佐渡島の北を占める大佐渡山地の主峰。山頂にはレーダー基地があり、防衛基地の様な物々しさはあるが、展望は素晴らしく、遠く鳥海山、朝日・飯豊連峰、上信越の山々、後立山連峰を望む事ができる。

佐武流山
(2192)
長野県下水内郡栄村と新潟県南魚沼郡湯沢町との境湯沢町の最西端にあり、日本でも有数の豪雪地帯にそびえる。秘境と呼ばれる奥深い山で、手付かずの自然が残っている。野尻湖から白砂山、佐武流山、赤倉山、苗場山の四山を2泊3日で北上する4山縦走コースはまさに秘境探検コースだ。

守門岳
(1537)
新潟県栃尾市・北魚沼郡入広瀬村・守門村と南蒲原郡下田村との境守門岳は東から烏帽子岳、袴岳、青雲岳、大岳の総称。一般に守門岳というと主峰の袴岳を指す。山頂からの眺望は佐渡島や上越連峰、越後三山、妙高、戸隠を望め、素晴らしく美しい。守門温泉にはSLランドという本物の蒸気機関車とA寝台2輌を連結したSLホテルやキャンプ場、プールなどがある。

高妻山
(2353)
新潟県妙高市と長野県上水内郡戸隠村との境戸隠連峰の最高峰。山頂からは北アルプスの山々や雨飾山などを見渡すことが出来る。断崖絶壁が続く奥裾花渓谷一帯は紅葉の名所として知られる。

苗場山
(2145)
新潟県南魚沼郡湯沢町・中魚沼郡津南町と長野県下水内郡栄村との境山頂には池塘が散在し、湿性植物も咲き乱れる。山頂の湿原と花の美しさから「花の日本百名山」にも選ばれている。山頂からは越後三山、谷川連峰、鳥甲山、佐武流山などが見渡せる。麓の湯沢高原高山植物園アルプの里は一大レジャー施設となっている。

中ノ岳
(2085)
新潟県魚沼市と南魚沼市との境越後三山の中央に位置し、三山の中で最も標高が高い。登山道は急登が続き時間もかかる難易度の高い山である。山頂からは八海山、兎岳、平ヶ岳、天気が晴れた日には富士山も確認できる。麓のしゃくなげ湖にはボートや釣りが楽しめ、オートキャンプ場なども整備されている。

二王子岳
(1420)
新潟県北蒲原郡黒川村・新発田市との境飯豊連峰前衛に位置し、山岳スキーの山として知られている。山頂からは大日岳、飯豊本山、えぶり差岳などを見渡せる抜群の眺望となっている。麓の二王子神社まで車で入れるのでそこから登るのが一般的。二王子神社には水道や、トイレ、炊事場などもあり、有料で宿泊も出来る。

八海山
(1778)
新潟県南魚沼郡大和町と六日町との境中ノ岳、駒ケ岳と並び、越後三山の1つ。山頂はノコギリの様な険しい8つの岩峰が続き八ツ峰と呼ばれている。鎖場が19箇所もある難所である。山麓から八海山ゴンドラが運行されており、4合目までは約10分でたどり着ける。

火打山
(2462)
新潟県妙高市と糸魚川市との境山容はなだらかで女性的、池塘が散在し、高山植物の宝庫としても知られる。山頂からは隣の焼山、北アルプスの山々、佐渡島などを見渡せる。麓の妙高山麓国民休暇村には約3000人収容できる大きなキャンプ場がある。

平ケ岳
(2141)
新潟県魚沼市と群馬県利根郡水上町との境平ヶ岳の山頂はその名の通り平坦で、湿原地帯となっており、自然保護のため木道が設けられている。この山にたどり着くまでの道のりは長く不便で、登山者はまばらとなっているが、その分静かな登山を楽しむことが出来る。

巻機山
(1967)
新潟県南魚沼郡六日町と群馬県利根郡水上町との境巻機山は、巻機本山、割引岳、牛ヶ岳、前巻機の総称。山頂付近は池塘が点在し、高山植物が咲き乱れる。秋には見事な紅葉を楽しむことが出来る。

御神楽岳
(1386)
新潟県東蒲原郡上川村新潟と福島の県境にある川内山塊の東に位置する。山頂には2等三角点があり、川内山塊の山々、飯豊連峰、越後平野、佐渡島などの展望が楽しめる。栄太郎新道が開いた事により、登山者も訪れるようになった。

妙高山
(2454)
新潟県妙高市広大な裾野を持つ優雅な姿をもち、別名「越後富士」とも呼ばれている。二重式休火山で火口丘を外輪山がとり囲んでいる。麓には温泉群が存在し、スキー場とともにリゾートスポットとなっている。山頂からは南北アルプス、上信越の山々、富士山に遥か日本海まで見渡すことが出来る。

焼山
(2400)
新潟県妙高市と糸魚川市との境今も噴煙を吐く活火山で現在登山禁止となっている。いくつかあった登山ルートも噴火の泥流や火山灰によって頂上付近の登山道が消失している。麓には焼山温泉や笹倉温泉がある。

米山
(993)
新潟県柏崎市と中頸城郡柿先町との境独立峰のため山頂から見る佐渡島や日本海、高田平野、妙高連山などが見渡せる景色は素晴らしい。麓から2時間ほどで登れる気軽さから県内外の登山者から親しまれている。

朝日岳
(2418)
新潟県糸魚川市と富山県下新川郡朝日町との境飛騨山脈北部、白馬岳北方の稜線上に位置する。山頂からは雪倉・白馬・剱岳、遠く佐渡島を見渡せる。登山道の途中には有名な花畑が二つあり、中でもシロウマアサツキのような希少な高山植物の宝庫となっている。積雪量が多く、山頂付近には夏でも雪渓が残る。

雪倉岳
(2611)
富山県下新川郡朝日町と新潟県糸魚川市との境飛騨山脈の北部、後立山連峰の北方に位置する。縦走路の途中にある為、存在感は薄いが素晴らしい景観と多くの高山植物、東斜面のカールに広がるハイマツの樹海と池塘、神の田圃と呼ばれる湿原群などの魅力のある自然の宝庫で、単独での登山でもかなり楽しめる。

アウトドア・登山用品