池塘

池塘(ちとう)とは湿原の泥炭層にできる池沼で、高層湿原が形成される過程において、堆積した泥炭層の隙間が水で涵養された部分ができる。これが池塘であり、周囲とは隔絶された環境であるため、独特の生物相が更生される。池塘と池塘の間は地上、地下の水路でつながり、時に泥炭層の一部が浮島として浮遊することもある。

関連記事

  1. コンペ

  2. 踏み跡

  3. コル

  4. わかん

  5. エスケープ(ルート)

  6. シール登高

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリ