宮之浦岳は、屋久島にあり九州地方の最高峰でもある。 山域はユネスコの世界遺産「屋久島」

宮之浦岳(屋久島)

山名(標高) 宮之浦岳(1935m)
よみがな みやのうらだけ
所在地 鹿児島県熊毛郡屋久町と上屋久町との境
登山ルート 安房林道淀川歩道登山口-花之江河-宮之浦岳
登山にかかる時間 約5時間
アクセス 屋久島安房港から淀川登山口までタクシーで約1時間。
車:宮之浦港から 県道77号、592号を経由し、淀川登山口へ。駐車場10台分あり(無料)。
宿泊施設・山小屋・温泉 小杉谷荘
特徴 世界自然遺産に登録されている屋久島のほぼ中央に位置し、九州で一番の標高を誇る。縄文杉や紀元杉、大王杉や夫婦杉といった巨木は圧巻の迫力。頂上に立てば、島の山ならではの大パノラマが広がり、太平洋から東シナ海、種子島や馬毛島、桜島や竹島、硫黄島、その他多くの島々を見渡すことが出来る。
難易度
景観度
人気度
施設便利度
危険度

関連記事

  1. 高妻山

  2. 帝釈山

  3. 飯縄山

  4. 伯母子岳

  5. 朝日岳

  6. 高隈山

  7. 白馬岳

  8. 袈裟丸山

  9. 白山

カテゴリ