北海道森町、鹿部町、七飯町にまたがる標高1,131 mの活火山で渡島国・渡島半島のランドマークとなっている

駒ケ岳

山名(標高) 駒ケ岳(1131m)
よみがな こまがたけ
所在地 北海道茅部郡森町・砂原町・鹿部町と亀田郡七飯町との境
登山ルート ①銚子口コース 大沼湖畔登山口-合流点-馬の背 ②駒ケ岳コース 旧国道沿い若駒園入り口登山口から6合目駐車場まで車-馬の背
登山にかかる時間 ①2時間45分 ②徒歩約1時間45分
アクセス JR駒ケ岳駅から交通機関がないため、自家用車等が必要。
宿泊施設・山小屋・温泉 周辺に宿泊施設多数
特徴 山頂から360度の大パノラマが味わえる。大沼、小沼、じゅんさい沼を見下ろし、遠く太平洋から津軽海峡、下北方面、ニセコ、洞爺、室蘭方面まで見渡せる。山裾は広葉樹林に覆われており、高山の植物と低地の植物が共生しており、その数は豊富。
難易度
景観度
人気度
施設便利度
危険度

関連書籍

関連山岳情報





















関連記事

  1. 護摩壇山

  2. 風越山

  3. 開聞岳

  4. 笹ヶ峰

  5. 野伏ケ岳

  6. 浅間隠山

  7. 乾徳山

  8. 大門山

  9. 奥三界岳

カテゴリ